お問い合せフォーム

村口きよ女性クリニック

女性の身体について女性の身体について

月経困難症

「月経困難症」とは、日常生活に支障が生じるほど、
強い苦痛を伴う月経を指します。

月経時に、ある程度の腹痛や腰痛などの苦痛を経験したことのある人も多いと思います。
一部の人の中には、市販の鎮痛剤を服用しても痛みがおさまらず、
起きていられないようなひどい症状が月経のたびに現れることがあります。
「月経困難症」とは、このような日常生活に支障が生じるほど、強い苦痛を伴う月経を指します。

月経困難症の症状

機能性と器質性

月経困難症は、その性質により機能性、器質性に分類されます。

月経困難症が思春期に多い理由
早期発見、早期治療
機能性月経困難症
子宮や卵巣に特に異常がないのに症状がでるもの

特徴

器質性月経困難症
子宮や卵巣そのものに病気や、異常のあるもの

特徴

症状について

特徴

月経困難症の症状と理由

痛みの原因

一般に、月経時の下腹部痛や腰痛は、子宮の収縮が強すぎるために起こります。
月経困難症の患者さんの月経血の中には、PGが普通の人の3倍以上という高濃度で存在していることがわかっています。
大量のPGによる子宮の強い収縮が知覚神経を介して大脳に伝えられるために、強い痛みとして感じるのです。
また、月経に対する不安や緊張感、ストレスなどの心理的な作用が大脳に加わって、いっそう強い痛みを感じます。
その他にも、骨盤内の血液循環が悪くなることで腰痛が現れたり、PGが血液中に移行し、それによって腸壁を刺激して腸の蠕動運動を促し、下痢を引き起こしたり、悪心や嘔吐を起こします。

月経困難症の痛みのメカニズム

治療法

薬を用いて月経を和らげます。鎮痛剤や子宮収縮を弱める薬などが効果的です。
また、月経についての正しい知識を持つことで、月経への不安をなくすことも治療には重要になります。

鎮痛剤、安定剤、筋弛緩剤、抗PG剤、漢方薬を処方
Copyright ©医療法人社団 村口きよ女性クリニック All rights reserved.