お問い合せフォーム

村口きよ女性クリニック

女性の身体について女性の身体について

LEP(月経困難症の治療薬)
Low does Estrogen Progestin

ピル(OC)もLEPも、E(エストロゲン)とP(プロゲステロン)の合剤ですが、OCは避妊を目的にして用いる薬剤、 LEPは月経困難症の治療や子宮内膜症の予防などを目的に用いる薬剤で、ピルよりもE(エストロゲン)が少なく低用量化されています。

LEP製剤は3種類。
その違いはP(プロゲステロン)の違いです。

ノルエチステロン/EE製剤

【ULDルナベル】【フリウェルULD】

【LDルナベル】【フリウェルLD】

周期的投与

ドロスピレノン/EE製剤

抗アンドロゲン作用があるので、にきびや吹き出物、月経前の不調を訴える方には効果的です。

【ヤーズ】

周期的投与

【ヤーズフレックス】

連続投与

レボノルゲストレル/EE製剤

【ジェミーナ】

周期的投与
連続投与

LEPはどのように作用するのでしょうか?

基本的にはピルと同様であり、排卵を抑えることによって月経痛が軽減されます。

1. 排卵抑制(主作用)

LEPに含まれる成分(エストロゲン、プロゲステロン)が性上位中枢である視床下部と脳下垂体に作用し、卵巣から既にエストロゲン、プロゲステロンが 分泌されているという情報に置き換える為、FSHとLHの分泌を休止させるので卵子は成熟することが出来ず、排卵が起こりません。

2. 精子進入抑制

子宮の入り口である子宮頚管の粘液の性状が濃厚粘調となり、精子の進入を妨げます。

3. 着床抑制

万が一、精子が子宮頚管を通過し受精したとしても子宮内膜は着床の準備をしていないので(多少厚くなりますがみずみずしくはなりません)着床することはありません。

では、飲み忘れた時はどうしたらいいのでしょうか?

少量の出血があってもそのまま継続。出血が多く続けば、リセットする。

LEPを服用する上での注意

次にあてはまる人は医師の指示に従って下さい。

次にあてはまる人は服用はできません。

*血栓症:血管の中に血の固まりができ血液の流れが悪くなる病気

LEPを飲んでいてもコンドームの併用をお勧めします

こんな時は連絡してください

Copyright ©医療法人社団 村口きよ女性クリニック All rights reserved.