お問い合せフォーム

村口きよ女性クリニック

避妊について避妊について 〜女性のページ〜

ピルついて

ピルとは、人工的に合成された卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)を含んだ薬剤です。

ピルを服用することの目的の第一はもちろん避妊ですが、ピルの作用を利用して、月経痛、月経不順や子宮内膜症などの改善のためにピルを服用している方もいます。
一方、最近ではこういったピルによる身体面への効果だけでなく、女性の生き方に与えるメリットも注目されています。

女性は自らの身体に生命を宿すことのできる性であり、妊娠・出産できること、それは女性のすばらしさ、かけがえのない誇りでもあります。
しかし、予期せぬ妊娠、ときに出産・育児となれば今の生活を変え、人生設計を大きく変更しなくてはならなくなる・・・
それは女性にとっては大変なことです。自らの夢を持ち、責任ある社会人として生きていくのであれば、自分の意志で避妊を行い、出産や育児の時期をコントロールすることはとても大切なこととなります。

ピルの作用

排卵抑制

ピルを服用するとその成分である卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)は、腸から吸収され、肝臓を通って血液中を循環し、それを視床下部が感知します。

脳への情報置換

ピルに含まれる成分(エストロゲン、プロゲステロン)が性上位中枢である視床下部と脳下垂体に作用し、卵巣から既にエストロゲン、プロゲステロンが分泌されているという情報に置き換える為、 FSHとLHの分泌を休止させるので卵子は成熟することが出来ず、排卵が起こりません

ピルの作用

精子進入抑制

さらにピルは、子宮内膜及び子宮頸管にも作用します。

子宮内膜の変化

子宮の入り口である子宮頸管の粘液の性状が濃厚粘調となり、精子の進入を妨げます。

ピルの作用2

着床抑制

子宮の入り口である子宮頸管の粘液の性状が濃厚粘調となり、精子の進入を妨げます。

第3の矢

万が一、精子が子宮頸管を通過し受精したとしても子宮内膜は着床の準備をしていないので(多少厚くなりますがみずみずしくはなりません)着床することはありません。

ピルの作用3

卵巣だって休みたい・・・

ピルは卵巣機能をお休みさせるのです。

この仕組みは、いつも働き続けているものではなく、女性が産む・産まないによって働いたり休んだり、自由にコントロールされているのです。
それが生物としての本来の姿です。
しかし、現代の女性はなかなか妊娠・出産を望まなくなっており、こうしたライフスタイルがむしろ卵巣をいつも働かせ続けており、子宮内膜症などの新たな病気を増やしてもいるのです。

ピルの種類

ピルのタイプ

ピルには一相性と三相性がありますが、にきびへの効果を期待する場合には一相性が効果的と考えられます。

 黄体ホルモン(プロゲステロン)

 卵胞ホルモン(エストロゲン)

一相性

三相性

ピルタイム

ピルの飲み方とタイプ

ピルの飲み方

21錠タイプ(7日間の休薬期間があるタイプ)

28錠タイプ(休薬期間がなく、プラセボ7錠飲むタイプ)

ピルを飲み忘れたら・・

ピルを飲み忘れた場合

ピルを飲み忘れた場合の対処

ピルを飲み終えたら

通常3ヶ月以内には月経がきます。
以前から月経不順だった人は多少ずれることがありますが、 ほとんどの場合、通常に戻ります。
ピルは、ほぼ100%の避妊率で、将来妊娠可能な薬です。

医師に相談して下さい
ピルの様々な利点と副作用

ピルを服用する上での注意

次にあてはまる人は医師の指示に従って下さい。

*血栓症とは、血管の中に血の固まりができ血液の流れが悪くなる病気です。

次にあてはまる人は服用できません。

ピルの様々な利点と副作用

ピルの副作用は、服用を続けていくとなくなるものや、とても微々たるリスクのみです。

ピルの様々な利点と副作用

※ 血栓症 (血管の中に血の固まりができ血流が悪くなる病気)にかかる率が普段の1.5〜2倍に増加します。
 しかし、血栓症の発症頻度は非常に低いので、実際には大きな問題にはなりません。

パートナーと半分の分割をしている方もいるようです

ピル処方の際の検査と料金

検査について

ピル認可以来5年間、ピル初回処方時に血液・尿検査などを行ってきましたが、WHOの基準にのっとり、 特別な人(病気を持っている・既往のある人)を除いては検査をしなくても問題ないと判断し、 平成17年1月より原則として初回の血液・尿検査及び再診時の尿検査を廃止いたしました。
処方の際は、毎回血圧と体重を測定していただくことになります。

料金システムについて(薬剤料、相談・指導、処方料含む)

※ 同時に2シート以上もらう場合、2シート目から1シートにつき¥2700(税込)になります。

次回からの処方の受け方について

  1. 診察券を「ピル処方の方」という箱に入れる
  2. 中の待合室に入り、血圧と体重を測る
  3. そのまま中の待合室で待つ
  4. 医師から名前を呼ばれましたら問診室に入り処方を受ける
  5. 受付前の待合室でお会計を待つ

※ 質問がある場合には、診察券に「ピル質問」の札を診察券につけて入れてください。

下記の場合は連絡をして下さい

Copyright ©医療法人社団 村口きよ女性クリニック All rights reserved.